DCD Blog

avatar

Posted by Sadamune Higa - 14 5月, 2019

モーションキャプチャーの話

header-picture

ハイサイ!CGチーム比嘉です。

 

先日Youtube投稿を始めた事をこのブログで紹介しましたが、第2回を投稿しました。

前回の記事:モーショントラッキングで賑やかに

 

 

 

こちらの動画では、個人レベルでできるモーションキャプチャーをご紹介しています。

p1-2

VIVEトラッカーは、HTCVIVEのヘッドセット+コントローラーと別売りのトラッカーを使用して、頭と手足や腰の位置をトラッキングできます。

 

VR空間で、体が見えて追従してくると、没入感も更に増し、VRのワールドで世界中の人とボディーランゲージでコミュニケーションをとったりみんなで踊ったりもできます。

 

p2-1

次に紹介しているNEURONですが、指までトラッキングできる分、価格が23万と、他と比べてだいぶ値が張ります。

 

 

p3-1

こちらはfacerigというソフトを使って動かしています。

Webカメラを使うので誰でもすぐ撮影できます。

 

p4-1

MicrosoftのKinectとUnityを使用して人型モデルを動かす方法です。

深度センサーで奥行きの動きも再現してくれます。

右下の黄色い小さいおじさんが私です。

周りに物があっても深度センサーで人型の形だけを認識しています。

 

最近ではスマートフォンのカメラも高性能になってきましたので、スマートフォンを使用して同じようにキャプチャーできるアプリも開発されています。

 

 

以上。

引き続きYoutubeチャンネルで情報発信していきますので宜しくお願い致します。

 

Topics: VR・AR・CG


Recent Posts

紀里谷和明監督ミュージックビデオ「desire」Marvelous Dsignerで衣装のCG化を担当しました

read more

使いやすいデザインに不可欠なインタラクション原則(後編)

read more

使いやすいデザインに不可欠なインタラクション原則(前編)

read more