DCD Blog

avatar

Posted by Ayako Taniguchi - 18 8月, 2015

え?今どき、モバイルフレンドリーじゃないの? 遅れちゃいけない!スマホ対応

avatar
header-picture

こんにちは、WEBディレクターの谷口です。

今や1人1台スマートフォンを持つ時代、今回はそんなスマホ社会でWEB担当者が知っておくべき 「モバイルフレンドリー」についてお話させていただきます。

 

モバイルフレンドリーとは

モバイルフレンドリーとは、簡単に言うと

スマホにやさしいサイト = モバイルフレンドリーなサイト = 検索上位に来やすい

ということ。

「スマホにやさしいサイト」ってどんなサイト?どうしたら検索上位に来るのか?

それを定義したのがGoogle検索エンジンです。

 

2015年4月21日 、スマホに最適化されたサイトであるかどうかをランキング要素とするGoogle検索エンジンのアルゴリズム 変更が実施されました。このアルゴリズム変更のことを「モバイルフレンドリー」といいます。 「モバイルフレンドリーかどうか」がモバイルでの検索結果ランキングに影響するとされています。

 

また、Googleの検索結果ページでは「モバイルフレンドリー」であるページに「スマホ対応」というラベルが表示されるよう になり、ひと目でスマホ化されているか、されていないかが分かるようになりました。

 

mobilefriendly_01

 

モバイルフレンドリーについて:
https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/?hl=ja

 

 

何をしたらいいの?
STEP 1.まずはモバイルフレンドリーテストで診断!


まずはGoogle が公開している「モバイルフレンドリーテスト」をやってみましょう。
モバイルフレンドリーテストに合格しているサイトはGoogle の求める「モバイルフレンドリー」の条件を満たしているといえます。サイトのURLを入力してボタンをクリックするだけなので、簡単にチェックできます。

 

mobilefriendly_02

 

モバイルフレンドリーテスト:
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

 

*** これさえ抑えておけば大丈夫!モバイルフレンドリー4つのチェックポイント ***
・文字が小さすぎないか(拡大しなくても文字が読めるか?
・コンテンツの幅とデバイスの幅が一致しているか(拡大しなくても画像が見られるか?
・リンク同士が近すぎないか(ボタンなどタップしやすいか?
・スマホから見ることができないソフトウエアを使っていないか(Flash は使っていないか?

 

STEP 2.スマホでよく見られているページをチェック!

サイトの全てのページがモバイルフレンドリーであることが一番望ましいのですが、大規模なサイトなどはなかなかすぐに対応することは難しいかもしれません。Google Analytics などを活用し、サイトの中で特にモバイルでよく見られているページや、重要と位置づけられるページ、例えばトップページや製品・サービスなどに関するページを優先して対応していくのがよいかもしれません。

 

*** Google Analytics でチェックするポイント ***
・PC、モバイル、タブレットでの閲覧数(そもそもサイトはスマホで見られているのか?)
・モバイル、タブレットでの閲覧ページTOP 5(スマホでよく見られているページは何か?)

 

STEP 3.対策手法を知る!

対策手法は主に3 つあります。
・レスポンシブウェブデザインによるページの作成
・スマホ専用ページの作成
・専用ツールなどを使って動的に出し分けする

 

一概にどの手法が良い・悪いというのではなく、サイトの規模や構成、CMS などのシステムにより向き不向きがあります。 

mobilefriendly_03

 

まとめ

今後もスマホユーザーはますます増えてゆくでしょう。
スマホ対策をすれば、その分サイトを見てもらえるチャンスが増えていくことになりますのでWeb サイトのスマホ対策は必須といえます。
単に「アルゴリズムが変わったから」「順位が下がるから」スマホ対策するのではなく、ユーザーにとって見やすい、使いやすいサイトをつくる基本精神を忘れずに取り組んでいきましょう。
スマホであってもPC であっても、ユーザーにやさしいサイトが増えることを願っています!

Topics: web, コラム


Recent Posts

【BIT VALLEY 2019】セッションレポート

read more

BIMデータ活用のご提案 ~属性情報の活用~

read more

NYからお届け!アート、語学、刺激にあふれた2年間の活動報告

read more