DCD Blog

avatar

Posted by Ayako Taniguchi - 27 3月, 2017

Webサイトリニューアルをはじめる前にやるべき5つのこと

avatar
header-picture

renewal1.png

 

Webディレクターの谷口です。

  • Webサイトが古くなってきた
  • 使い勝手がイマイチ
  • 競合は最近リニューアルしたらしい

「よし、我が社もサイトをリニューアルするぞ!」と、リニューアル話が持ち上がり、広報部や営業企画部などでプロジェクトを担当しなければならなくなるケースはよくあることです。

 

そこで今回は、

  • Webサイトのことはよく分からない
  • どこから手をつけたら良いのかわからない

などのお悩みをお持ちのリニューアル初心者さんにおすすめの「Webサイトリニューアルをはじめる前にやるべき5つのこと」をご紹介します。また、やるべきことをさらに細分化したチェックシートもダウンロード頂けますので、ぜひご活用ください。

 

まず、そもそもの話ですが、Webサイトのリニューアルは、次のような流れで進んでいきます。

  • 情報収集・要件のとりまとめ
  • 企画書・RFPの作成
  • 制作会社の選定
  • 実施計画
  • 制作
  • リリース

 

■Webサイトリニューアルをはじめる前にやるべき5つのこと


1.自社サイトを改めてよく見てみる

renewal2.png

 まずは現状のサイトをよく見て状況を把握するところからはじめてみましょう。サイトの中でわかりづらいところや不足しているもの、そもそもサイトへのアクセスが少ないなど、現状サイトの問題点を洗い出します。

 


2.競合サイトを見る


web_r3.jpg

次に、競合となる企業のサイトについてもチェックしておきましょう。

デザインのトレンドやコンテンツ、サイトの使い勝手など、自社でも取り入れたいアイディアが見つかると思います。

 


3.社内の要望をヒアリング


web_r4.jpg

社内でのWebサイトに対するリテラシーの違いは大きくあると思います。よく自社サイトを見る人、使う人、あまり見ない人、興味のない人など、それぞれの所属する部門や職種など立場によって様々な意見が出て来るでしょう。社内の意見の吸い上げや調整は早い段階で進めておくのが良いかもしれません。

 


4.ターゲットを考える


web_r1.jpg

どんな人にサイトを見てもらいたいか、個人なのか、企業なのか…

またターゲットとなるユーザーはどのようなキッカケ、タイミング、背景でサイトを訪問するのかなど、ターゲット像を明確にすることで、伝えたい人に伝えるべき情報を伝えられるサイトにしていくことができます。またある程度ターゲットを絞っておくことで、リニューアルを進めやすくなります。

 


5.リニューアルの目的を考える


 web_r2.jpg

自社についてもっと知ってほしい、商品の購入・問い合わせの率を伸ばしたい、ブランドを認知させたいなどサイトの特性や企業方針などによりサイトの目的は様々です。見ためだけ良くする、ただなんとなくリニューアルするなどにならないよう、誰へ向けた何のためのサイトなのか、明確な目的・目標へ向けたサイト作りを心がけて頂きたいです。

 

以上、「Webサイトリニューアルをはじめる前にやるべき5つのこと」でした。

 

ターゲットの整理やサイトの目的設定などはサイトリニューアルのコンセプトの根幹に関わる大切なフェーズです。多くの人が関わるリニューアルプロジェクトですので、より具体的なイメージを持ち、プロジェクトに関わる人々が共通の認識を持ってプロジェクトに臨んでいくことで、その先のフェーズでもブレることなく成功へ導けると思います。また、これら5つの項目をさらに細分化した、チェックシートをご用意いたしましたので、ぜひご活用ください。

 

チェックシートはこちらからダウンロードいただけます 

ダウンロード

 

Topics: web, Tips, コラム, ダウンロード資料


Recent Posts

ウィズコロナの時代 「抗菌印刷」が注目されています

read more

360度バーチャル工場見学のサンプルを公開しています!展示会・ショールームにも!

read more

新型コロナによって加速した当社のデジタルトランスフォーメーション

read more