コロナ禍における営業活動の変化からも企業のデジタルシフトは加速化しており、 

 今後はリアルとデジタルを組み合わせた営業とマーケティングの連携が必須
・デジタルシフトを推進しなければいけないと考えており、手段としてMAの導入なども検討し始めている

・MAをすでに導入したのだがコンテンツ制作などの運用面が上手くいっておらず、効果的な運用方法を取りたい

  

コロナによってビジネス環境は大きく変化しました。製造業にとっても例外ではありません。
従来の直接商談や展示会のように対面してコミュニケーションを行う機会が減少する中、
BtoBビジネスのお客様もオンラインで必要な情報を収集し、購入を検討するようになってきています。

このような顧客の変化により、これまで対面型の営業中心で見込客の獲得や商談推進を行ってきた企業も
デジタルシフトを余儀なくされている状況です。

ただ、単純にツールを導入しただけでデジタルシフトできたとは言えません。変容した顧客の購買行動を
理解し、適切なコンテンツを適切なタイミング、方法で届けることで最大の効果を上げることができます。

今回のウェビナーでは顧客理解と行動モデル化、魅力的なコンテンツ制作を得意とする大伸社コミュニケーションデザインと、
MAツールで多くの導入実績を誇るSATORIの2社で、営業活動のデジタルシフトをどのように進めれば
良いのか、効率的な運用方法は、効果的なコンテンツとはどのようなものか、
とっておきのノウハウをご紹介いたします。

 

 


 

【セミナー内容】

 

第1部 株式会社大伸社コミュニケーションデザイン
・変容する顧客行動
・顧客理解を深める
・顧客行動を見える化「カスタマージャーニーマップ」
・最適なコンテンツを用意する
 
第2部 SATORI株式会社
・コロナ禍におけるデジタルシフトの状況
・非対面セールスの切り札「MAツール」
・MA活用の実践例
・MAツール「SATORI」のご紹介


 
【講師紹介】
 

株式会社 大伸社コミュニケーションデザイン
Creative Director/Art Director
相馬 由妃(そうま ゆき)

img_member-20

 

数多くのメーカーでプランニング、アートディレクションを担当。

顧客理解に基づくコミュニケーションの全体設計を得意とする。



株式会社 大伸社コミュニケーションデザイン
Web Director/planner
谷口 彩子(たにぐち あやこ)

ウェビナー_WEB展示会×リストファインダー_統合20200604

 

医療機器メーカーなどのwebサイトリニューアルを数多く実施。

GA解析・KGI/KPI策定からのサイト設計を得意とする。現在はデジタルコンテンツの販促施策を数多く担当。

 

 

 

SATORI株式会社
マーケティング営業部 マーケティンググループ
太田 裕幸(おおた ひろゆき)

 

自分

 

漫画コンテンツを扱う会社にて、営業サブマネージャーとしてマンガを使用したマーケティングの支援を担当。
マンガインフルエンサーサービスの立ち上げ等の新規事業を行う中で、営業の効率化に課題を感じ、

マーケティングオートメーション「SATORI」に出会う。その後「SATORI」の魅力に惹かれ入社。

現在は、新規リードの獲得から既存リードのナーチャリングを担当。


  
 
【注意事項】
 

セミナー内容は変更する場合がございます。予めご了承のほどお願いいたします。


※本セミナーの参加は企業の方のみとさせていただいております。(個人の方のお申し込みはお断りさせていただいております)

※同業者の方のご参加はお断りさせていただいております。内容は予告なく変更になる可能性がございます。
 
 
 
 

本件についてのお問い合わせ 

TEL : 03-3405-5721 (担当:大渕)